横山 健

横山 健

1969年東京出身。1991年にHi-STANDARDを結成、ギタリストとして活躍。Hi-STANDARDとしてこれまでに4枚のフルアルバムをリリース。

1997年には主催フェス「AIR JAM」をスタートさせ、日本のパンクロックシーンに大きな影響を与えた。

1999年にレーベル「PIZZA OF DEATH RECORDS」を法人化、社長を務める。
3rdアルバム「MAKING THE ROAD」をリリース。インディーズとしては当時異例のミリオンヒットを達成した。
バンドは2000年に活動を休止、2011年に活動を再開。

2000年にはBBQ CHICKENSを結成、これまでに5枚のフルアルバムをリリース。

2002年~2004年にかけて原爆オナニーズにギタリストとして参加。

2004年にはアルバム『The Cost Of My Freedom』で自身の名前を冠としたバンド Ken Yokoyamaとして活動を開始。
これまでに6枚のフルアルバム・2度の武道館公演と神戸と幕張にて東西アリーナ公演を行い成功させる。2015年にはテレビ朝日系「ミュージックステーション」に長い音楽キャリアの中で初となる地上波へ出演。大きな話題を呼んだ。

現在もKen Yokoyamaとしてのバンド活動を主軸に精力的に活動を行っている。

ギタリストとしては、Gretsch Guitar 132年の歴史において、初の日本人ギタリストのシグネチュア・モデルが発売された。
また自身がプロデュースするギターとスケートボードのブランド「Woodstics」を立ち上げ、ESP GUITARSに於いても数々のシグネチュア・モデルを制作。

また自身の主宰するレーベル “PIZZA OF DEATH RECORDS”でも精力的に活動し、これまでWANIMA、HAWAIIAN6、COMEBACK MY DAUGHTERS、DRADNATS、GARLICBOYS、MEANING、SLANG、SAND、SNUFF等の国内外のバンドを輩出してきており、自らとしてはHUSKING BEE、HAWAIIAN6、DRADNATSをプロデュースしヒットを飛ばすなど、音楽シーンにおいて常に第一線で活躍している。

Photo by Nariaki Ueda